トップページキャンペーン・CM情報 > クッキング刑事

クッキング刑事 クッキング刑事

  • このバーを開いて、早いもんで10年や。

    色々苦労もしたけれど、今となっては笑い話。こうやって、狭いながらも自分の店が持てて、よう働いてくれる物静かなバーテンダーがいる。それだけで充分や。

    あとは、開けやすくて保存もしやすい砂糖さえあったら完璧やねんけど…。

    ま、夢ばっか見ててもしゃーないか。

    このバーを開いて、早いもんで10年や。

    色々苦労もしたけれど、今となっては笑い話。

    こうやって、狭いながらも自分の店が持てて、
    よう働いてくれる物静かなバーテンダーがいる。それだけで充分や。

    あとは、開けやすくて保存もしやすい砂糖さえあったら完璧やねんけど…。

    ま、夢ばっか見ててもしゃーないか。

    私は何も言うことはありません。仕事中は無駄口を叩かない。

    それだけを信条に、長い間この店でお世話になっていますから。

    ただ…一言だけ言わせてもらえば、砂糖ってやつは、一回開けるとなかなか終わらないものですよね…あれはどうにもならないのでしょうか…。

    おっと、喋りすぎました。

    File.2

    click!

    File.2

    「パンもふっくらやけねぇのか!」
    四畳半の部屋に恋人の怒号が響き渡る。
    恋人は待っているのだ。ふっくら焼けたパンを。今か今かと…。

    「もう無理かもしれないね」

    女はそう呟き、アパートから立ち去った。恋人を続ける事が無理なのか、パンをふっくら焼く事が無理なのか、分からないままに。

    恋人が最後に言った言葉が、夜行列車に乗る彼女の脳裏に駆け巡る。

    「パン屋さんにしか、出来ないのかもな」

    気が付くと、女は港町の崖に佇んでいた。

    「パンもふっくらやけねぇのか!」
    四畳半の部屋に恋人の怒号が響き渡る。 恋人は待っているのだ。ふっくら焼けたパンを。今か今かと…。
    「もう無理かもしれないね」
    女はそう呟き、アパートから立ち去った。恋人を続ける事が無理なのか、パンをふっくら焼く事が無理なのか、分からないままに。 恋人が最後に言った言葉が、夜行列車に乗る彼女の脳裏に駆け巡る。
    「パン屋さんにしか、出来ないのかもな」
    気がつくと、女は港町の崖に佇んでいた。

    File.2
    File.3
    社会の半端者として生きにくい人生を歩む男。身寄りのない彼を育て、いつでも味方になってくれる唯一の存在である祖母。
    今日は祖母の80回目の誕生日。なけなしの金で買った牛肉でささやかな誕生日パーティーをと考えた男。
    しかし牛肉を前に男は驚愕した。

    「肉が…硬いじゃねぇか…。
    ばぁちゃん、肉ってのは、硬いもんなんだな…」

    「あたしゃ硬い肉は噛み切れんわい!」

    その時男は味方がいなくなったと痛感した。正真正銘ひとりぼっちになった男は、決意を持って崖っぷちに足をかけた…。

    click!

    File.3

    社会の半端者として生きにくい人生を歩む男。身寄りのない彼を育て、いつでも味方になってくれる唯一の存在である祖母。
    今日は祖母の80回目の誕生日。なけなしの金で買った牛肉でささやかな誕生日パーティーをと考えた男。 しかし牛肉を前に男は驚愕した。
    「肉が…硬いじゃねぇか…。 ばぁちゃん、肉ってのは、硬いもんなんだな…」
    「あたしゃ硬い肉は噛み切れんわい!」
    その時男は味方がいなくなったと痛感した。正真正銘ひとりぼっちになった男は、決意を持って崖っぷちに足をかけた…。

    File.2
    メイキング動画
    メイキング動画
    コウケンテツ
    twitter facebook