実際の活動の様子

労働安全の取り組み

1. リスクアセスメント

お砂糖を製造する為の機器や作業に対し、労災に繋がるリスクがないか、評価して対策する取り組み

2. KY(危険予知)活動

突発的な作業が発生した時に、作業員が現場でリスクを予め確認し、対策した上で作業する取り組み

3. 法令順守

国内の労働安全衛生に関する法令の中で、当社に適用する法令を全て挙げ、その順守状況を評価する取り組み

健康経営への取り組み

三井製糖では、「健康経営」の実現をめざし、社員のこころとからだの健康維持・向上、いきいきと働ける職場環境作りのため、様々な取り組みを行っています。

各事業所に産業医と看護師を置き、健康保険組合とも連携し、日頃から「社員一人ひとりの顔がみえる健康管理」を意識し、面談や保健指導、声掛けを行っています。法定の健康診断以外にも、インフルエンザ予防接種、歯科集団検診等を毎年実施しています。また、外部の従業員支援プログラム(EAPサービス)を導入し、社員のご家族も含めた24時間電話相談等の各種サービスや、社員向けのメンタルヘルス研修など、治療だけでなく予防にも力点を置いた取り組みを行っています。
最近では、当社版「働き方改革」の実施にも力を入れており、ノー残業デーのさらなる徹底、有給休暇取得促進、長時間労働削減への取り組みなど、各種の施策を進めています。

安全文化を高める取り組み

三井製糖は毎年1月19日を「三井製糖安全の日」と定め、企業活動において労働安全衛生こそが何よりも優先されるという「安全第一」を全社員で誓う日としています。
2017年は、各事業所をTV会議で結び、安全祈願神事と全社集会を開催しました。集会後には、各事業所で経営層による安全パトロールなどを行い、全社員が一丸となって安全文化を高める活動としました。