研究開発の成果

砂糖

新商品開発

ユーザーのお客様の要望や市場調査を通じて、お客様のニーズに応じた新商品を開発しています。これまでに業務用商品ではミックス粉に適した「粉末加工黒糖」や雑味の無い“こく”をつける「焙焼こくシロップ」、家庭用商品には上白糖の代わりに使えるブラウンシュガー「国産さとうきび糖」、そしてカルシウムを強化した「かしこいかあさんの三温糖®」などを開発してきました。

用途開発

砂糖にはグラニュ糖、上白糖、三温糖、ザラメ、ブラウンシュガーなどの多様な製品があります。これらの調理加工特性、保存性、取り扱いやすさ、味などについての用途開発を行い、お客様のソリューションに繋がる提案をしています。

商品情報はこちら

情報発信

昨今、食品や栄養が健康に与える影響が過大評価され報道される「フードファディズム」が問題となっています。当社は砂糖や糖質に関して、科学的根拠に基づいた正しい情報を発信しています。

砂糖関連の書籍・外部発表

機能性素材

吸収がゆっくりな機能性糖質「パラチノース®」、キャンディに適した糖アルコール「パラチニット®」や甘味質の良い高甘味度甘味料製剤「シュガーレスS」などの機能性素材を開発し、またその機能性についての研究や啓蒙活動を行ってきました。また、機能性素材の調理加工特性、保存性、取り扱いやすさ、味についての用途開発を行い、お客様のソリューションに繋がる提案しています。

スローカロリープロジェクト

カロリーゼロ、糖質ゼロの食品が溢れていますが、砂糖をはじめとする糖質は、重要な栄養素で、豊かな食生活にとって欠かすことができません。スローカロリープロジェクトは糖質をゆっくり吸収させて、健康な体を創ることを目的として、砂糖と同じカロリーを持ち、ゆっくり消化吸収される特徴を持つ“パラチノース”に注目した研究・情報発信を進めています。

スローカロリーホームページはこちら別ウィンドウで開きます

パラチノースの最新の研究結果はこちら別ウィンドウで開きます

スローカロリーラボ -「パラチノース」の最新の研究結果はこちら

用途開発

パラチノース®は生理機能だけでなく、様々な調理特性があります。たとえば、ドーナツのグレージングの吸湿性を抑えたり、スポンジのふくらみを維持させたりすることができます。またパラチニット®はキャンディや錠菓に適した特性があります。こうした特性を生かした加工物性やレシピをお客様に提案しています。

パラチノース®関連の外部発表

さとうきび抽出物

砂糖の原料になるだけでなく、人々の健康に役立つ様々な可能性を秘めた「さとうきび」。さとうきびは昔から薬や臭い消しとして使われてきました。三井製糖の研究開発ではこうした効果を持つ「さとうきび抽出物」を開発しました。

呈味改良効果

コラーゲンや肉・魚の臭みなど食品の嫌な味を改良するさとうきび抽出物「MSX-1シリーズ」と「糖蜜フレーバー」を開発しました。お客様に応じた用途開発を行い、ソリューションに繋がる提案をしています。

消臭効果

タバコの臭いやペットの臭いなどを消臭する効果を持つさとうきび抽出物「MSX-245」「MSX-201」を開発し、化粧品原料として登録しています。最近の研究で消臭効果を持つポリフェノール化合物を見出し、特許を取得しました。

生理機能

家畜や家禽が健康に育つための生理機能を利用した「きびしぼりEXシリーズ」を開発しました。有効成分の構造に関する研究を行い、免疫調節機能を持つ多糖類を見出しました。また、動物試験により抗ストレス効果を確認しました。

さとうきび抽出物関連の外部発表

環境

さとうきびは製糖工場の副産物である「さとうきびの搾りかす(バガス)」や「糖蜜」をより高度に利用する方法について研究開発を進めています。また、精製糖工場や原料糖工場の排水のエネルギー化など、環境へ貢献する取り組みを行っています。

環境関連の外部発表